お客様のご要望をお聞かせください

機関投資家向けの取引条件は、お取引内容に応じて変更いたします。お気軽にご相談ください。

コントラクトオプション

サクソバンクが提供するコントラクトオプションの詳細をご覧ください。

機関投資家向けには取引数量に応じて取引条件を優遇します。 詳細についてはご遠慮な くお問い合わせください。

コントラクトオプションは複数のアセットクラスでご利用いただけます。

金属Gold, Silver, Copper
農産物Cocoa, Coffee, Corn, Soybean, Wheat, Sugar, Cattle, Hogs
エネルギーCrude Oil, Natural Gas, Gasoline
為替EURUSD, GBPUSD, Other Majors
金利STIRs, Gilt, Bund, Bobl, Schatz
株式DAX, EUROSTOXX, FTSE, CAC, SMI, AEX, S&P500, NASDAQ, Dow Jones, ASX, HSI

取引条件

コントラクトオプションの売り

初期設定ではコントラクトオプションの売りを発注することはできません。コントラクトオプションの売りは、上級者向けのマージンプロファイルでのみ発注することができます。

詳細につきましてはお問い合わせください。

注文プロセス

ストップ&ストップリミット注文に対応

一部の取引所では、ストップおよびストップリミット注文に対応しています。利用可能な注文タイプは、各銘柄の詳細にポップアップで表示されます。

ストップ注文は「ストップ・イフ・トレード」と定義されます。市場にて最小ロットが指定した価格で取引されることがトリガーとなります。

コントラクトオプションの価格が原資産価格にあわせて変動し、指定したストップ価格に到達した場合であっても、権利行使価格で取引が成立していない場合、そのストップ注文はトリガーされません。

部分約定

リミット注文を利用した場合、部分約定が発生することがあります。この場合、約定されなかった数量は指定した有効期間まで市場に留まることとなります。成行の場合は、さまざまな価格帯で約定したものをVWAPで計算して約定価格を決定します。

権利行使と受け渡し

サクソバンクは取引所によって定義された2つのコントラクトオプションを提供します。

アメリカンタイプのオプションは満期日前のいつでも権利行使を行うことができますが、ヨーロピアンタイプのオプションでは満期日時点でのみ自動で権利行使されます。

アメリカンタイプのオプションがインザマネーの状態で権利行使を行った場合、該当する先物のポジションを保有することになり、満期を迎えるまでは口座状況でポジションを見ることができます。 

コントラクトオプションを保有したまま満期日を迎えた場合は、銘柄ごとに指定された受け渡し日まで口座状況にポジションが残ります。

ヨーロピアンタイプのオプションがインザマネーとなった場合、満期日でのみ決済可能で、決済方法は現金決済となります。

満期日と権利行使

サクソバンクが提供するコントラクトオプションでは、すべてのオプションのポジションは満期日では自動で権利行使が行われます。

  • 満期日時点でインザマネーとなっているすべての買いポジションは権利行使されます。
  • 満期日時点でインザマネーとなっているすべての売りポジションは権利行使されます。
  • 満期日時点でアウトオブザマネーとなっているすべてのポジションは権利放棄となります。

コールオプションでは権利行使価格が原資産の市場価格よりも低い場合にインザマネーとなります。 

プットオプションでは権利行使価格が原資産の市場よりも高い場合にインザマネーとなります。 

インザマネーのポジションでの権利放棄はサポートしていません。

フルプレミアム VS 先物方式プレミアム

フルプレミアムでオプションの買いを保有した場合、プレミアムは口座残高から差し引かれます。オプションの買いポジションの価値は、証拠金減額スキームに該当する場合を除き、証拠金取引に利用することはできません。

先物方式プレミアムのオプションは、プレミアムの受け渡しを延期することができます。 

この場合、未実現損益は日次で口座残高に組み込まれません。代わりにプレミアムはオプションが満期を迎えるまたは反対売買で決済されるまで未記帳の取引として口座状況に表示されます。

口座状況に表示されるその他の価値については、フルプレミアムオプションと同額が表示されます。

原資産の取引停止

取引所が原資産の取引を停止した場合、サクソバンクは顧客に通知のうえ関連するポジションを取引口座から削除します。

取引手数料&サブスクリプション

手数料

機関投資家向けには取引数量に応じて取引条件を優遇します。詳細についてはご遠慮なくお問い合わせください。

ミニマムチャージはありません

サクソバンクが提供する契約オプションではミニマムチャージは課金されません。手数料は取引数量に一律の料率を掛け合わせて計算します。

ポジションの持越しコストは発生しません

コントラクトオプションでは、ポジションをオーバーナイトで持ち越した場合にロールオーバーまたは金利のコストは発生しません。

カストディ費用は発生しません

サクソバンクでは、コントラクトオプションの取引においてカストディ費用は発生しません。

ライブデータ費用

先物市場のサブスクリプション契約を締結することで、リアルタイムのストリーミングプライスでお取引いただくことができます。

サクソバンクはダイレクトマーケットアクセス(DMA)でコントラクトオプションを提供しています。

証拠金取引

証拠金プロファイル

サクソバンクでは2つのプロファイルでストックオプションを提供します。

初期設定のプロファイルでは、コントラクトオプションのプットまたはコールの買いのみご利用いただけます。

お客様からの申し出により適正を審査したうえで、アドバンスプロファイルを提供します。アドバンスプロファイルでは、オプションの売りを注文することができるようになります。売り注文を活用することで、合成オプションを生成したり、カバードコール戦略を採用することができるようになります。

証拠金とストップアウト

サクソバンクのコントラクトオプションでは、原資産を保有することで潜在的な損失を回避することができます。これはコントラクトオプションのプットを売っている場合に発生します。

証拠金の使用率が上限が達しストップアウトが執行された場合、保有するすべてのポジションが決済されます。コントラクトオプション以外の金融商品(例. FX、CFD、先物など)の取引によってストップアウトが執行された場合、コントラクトオプションの買いポジションも決済の対象となります。

証拠金取引はリスクの高い取引であり、証拠金よりも損失の額が上回る可能性があるため、全ての投資家に適した金融商品ではありません。

お取引の際は取引に係るリスクを十分ご理解のうえ、必要に応じて専門家からのアドバイスを受けるようにしてください。

オプション売却時の証拠金

オプションの売り手は、オプションの買い手が権利行使を実施した場合、その申し出に応じなければなりません。

オプションの売りでは、相場が思惑と異なる方向に動いた場合、多大な損失を被る恐れがあります。

そのため、当社ではオプションの売りポジションを決済するために必要な資金とオーバーナイトでの原資産価格の変動をカバーするため、プレミアムに相当する金額を証拠金として拘束します。

この証拠金はリアルタイムでモニタリングされ、証拠金使用率が規定のレベルに到達した場合はロスカットが執行されます。

一般的なオプションの売りに証拠金計算式は以下のとおりです。 

オプションの売りの証拠金 = プレミアムマージン + 追加マージン

プレミアムマージンは実勢価格でオプションの売りポジションが決済できると同時に取引時間内にアスク価格でオプションを購入できることを保証するものです。追加マージンは取引時間外の価格変動による潜在的な損失を補うものです。 

お取引の際は取引に係るリスクを十分ご理解のうえ、必要に応じて専門家からのアドバイスを受けるようにしてください。